iPhoneやAndroidスマートフォン。またはiPadなどのタブレット端末からノートパソコン。さらにはIQOSなどの電子タバコやNintendo Switchなどの携帯型ゲーム端末などなど。

現代では私たちの身の回りには様々な電子機器が溢れており、多くの人がそれらを持ち歩いているかと思います。

非常に便利な世の中ですが、この便利さにつきまとうのが"電池切れ"という問題。
この"電池切れ"問題を解決するために、モバイルバッテリーを持ち運んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回は数多く販売されている商品の中からご自身にあった最適なモバイルバッテリーをお選び頂き、快適なガジェットライフを送っていただくための"モバイルバッテリーの選び方"をRAVPowerスタッフからお届けいたします!

モバイルバッテリー について

モバイルバッテリーとは、iPhoneやAndroidスマートフォン、またはiPadなどのタブレット端末を始め、様々なモバイル端末に充電することができる携帯式のバッテリーです。

本体内部に繰り返し充電して使えるバッテリーを搭載しており、そのバッテリーからスマートフォンやタブレットなど別の端末に充電できる機能を搭載した商品となります。

現在ではモバイルバッテリーも数多く発売されるようになり、またシンプルに1回充電するだけのベーシックなモデルから、急速充電などの高性能を搭載したモデルや、MacBook・Nintendo Switchなどの大型なデバイスにも充電できるハイパワーなモデルなど、幅広い種類のモデルが販売されています。

その中からご自身にあったモバイルバッテリーを選ぶためにも、まずはモバイルバッテリーのスペックについてチェックしましょう!

バッテリー容量:どのくらい充電出来るか?

バッテリー容量とはモバイルバッテリー本体に搭載された電池の容量のことで、単位は「mAh」で表記されます。この数値が大きいほどスマートフォンなどのデバイスに充電できる回数が増えていくのですが、その反面モバイルバッテリー自体のサイズも大きく重くなってしまいます。

そのためサイズが気になる人は、普段どれくらいの頻度で充電したいのか、または普段使い以外でも旅行や出張などでも使いたいのか。充電はスマートフォンだけで良いのか、それともMacBookなど大型なデバイスにも充電したいのか、などを整理して考えると選びやすくなります。

また注意点としてはモバイルバッテリーの構造上、変換ロスなどで表記されているモバイルバッテリーの容量と実際に充電できる容量は異なってきます。一般的に実際には表記されているモバイルバッテリー容量の6~7割程度が充電できると考えておくと安心です。
ご自身の充電したいデバイスの電池容量を確認して、それよりもちょっと多めの数値が充電1回分に必要なモバイルバッテリーの容量と覚えておくと良いでしょう。

さらにスマートフォンなど電池を搭載している商品と同じく使用すればするほど劣化して充電できる容量も変化しますので、快適な充電性能を維持するためには長期間使用したら買い換えを検討することがおすすめです。

充電ポート数:何台同時に充電出来るか?

充電ポート数とはスマートフォンなどのデバイスを何台同時に充電できるかの決め手となります。
一般的に小型なモバイルバッテリーほどポート数は少なく、大型になるにつれてポート数も増えていきます。

普段充電したいデバイスの数量を把握して、必要なポート数を搭載しているモデルを選びましょう。

また最新のモデルではUSB Type-Cというコネクタを採用したポートを搭載しているモデルもあります。
このType-Cポートでは急速充電に対応しているものも多いため、急速充電を必要とする人はこのポートが搭載されているかチェックをして選ぶことをおすすめします。
iPhoneではiPhone8以降のモデルは急速充電に対応していますので、お持ちの方はチェックしてみると良いでしょう。

サイズ・重さ:どのくらいの荷物になるか?

毎日持ち運ぶことの多いモバイルバッテリーだけに、大きさや重さは非常に重要となるポイントです。

当然バッテリー容量が大きいモデルほど、充電ポート数が多いモデルほど、モバイルバッテリーは大型化していきます。

大きさや重さが気になる人は、自身の充電したいデバイスの電池容量や充電したい回数などを考えて選ぶと良いでしょう。

出力・充電規格:どのくらい速さ・パワーで充電出来るか?

快適な充電を実現する上で、モバイルバッテリーの出力値・充電規格は要チェックです!

またよりスピーディーな充電やMacBookなど大型なデバイスを充電するために、USB Power Delivery(PD)やQuick Charge(QC)などの急速充電規格に対応しているモデルを選ぶとなお快適に充電することが可能になります。

A(アンペア)・V(ボルト)・W(ワット)

出力の大きさは「A(アンペア)」もしくは「A(アンペア)」や「V(ボルト)」をかけた数値(「W(ワット)」)などで表記されることが多いのですが、この数値が大きいほど早く充電することが可能になります。
iPhoneに付属されている充電器などは「5V/1A(5W)」がほとんどのため、この数値よりも大きなモデルを選ぶとよりスピーディーに充電が可能になります。
なおiPhone8以降のiPhoneは最大18Wの急速充電に対応しているため、出力が最大18Wもしくはそれに近いモデルを選ぶほど快適な速度で充電が可能になります。

USB Power Delivery (PD)

USB Power Delievry(PD)とは、最大100Wの電力供給を可能にするUSB急速充電規格です。
この大きな電力供給のため、スマートフォンやタブレットだけでなく、USB充電が可能なノートパソコンなどにも充電が可能になります。

iPhoneではiPhone8以降のモデルがUSB PDの最大18W充電が可能になっています。ただし18Wの急速充電にはApple社純正の「USB-C - Lightningケーブル」など急速充電対応のケーブルが必要となりますので、注意が必要です。

Quick Charge (QC)

Quick Charge(クイックチャージ)はスマートフォンのチップなどで有名なQualcomm(クアルコム)社が策定した急速充電規格です。主にAndroidスマートフォンなどを中心に普及しています。

急速充電対応のAndroidスマートフォンをお持ちの方は、QC規格対応のモバイルバッテリーを選ぶと快適に充電が可能です。

iSmart RAVPower 独自の快適充電規格

"iSmart"テクノロジーとは快適な充電を実現するためのRAVPower独自の充電規格です。
"iSmart"テクノロジーではスマートフォンや充電ケーブルなどの接続したデバイスを自動で判別して、状況に合わせて最適な電流で最大のスピードで充電が可能になります。

充電したいデバイスもチェック!

モバイルバッテリーのスペックをチェックできたら、次は充電したいデバイスのスペックもチェックしましょう。

ここではiPhoneの電池容量や対応充電入力などをご紹介します。

■各モデル搭載電池容量

iPhone XS Max:3,174mAh
iPhone XS:2,658mAh
iPhone XR:2,942mAh
iPhone X:2,716mAh
iPhone 8:1,821mAh
iPhone 8 Plus:2,691mAh
iPhone 7:1,960mAh
iPhone 7 Plus:2,900mAh
iPhone SE:1,624mAh

■各モデル充電対応速度

iPhone 8 / 8 Plus / X / XS / XS Max / XR / 11 / 11 Pro / 11 Pro Max:USB PD 18W 急速充電対応・ワイヤレス充電対応
iPhone 7 / 7 Plus / 6 Plus / 6S Plus:5V/2.1Aまで
iPhone 6 / 6s:5v/1.5Aまで

一番電池容量の大きいiPhone XS Maxでも3,000mAh強となるので、変換ロス分を考慮しても5,000mAh以上のモバイルバッテリーを選ぶといずれのモデルも1回以上は充電が可能と言えます。

またiPhone6・7世代でも18Wの急速充電には対応していないものの、5V/1A以上の充電には対応しているため、スピーディーに充電したい人は5V/1A以上の出力を持つモバイルバッテリーを選ぶと快適に充電が可能になります。

おすすめのモバイルバッテリー5選!

ここからはタイプや目的別におすすめのモバイルバッテリーを、RAVPowerスタッフがピックアップ。自分に合ったベストなモバイルバッテリーをお選びください!

■小さくて持ち運び便利!コンパクトタイプ
  "RP-PB060"

テレビでもおすすめのモバイルバッテリーとして紹介された"RP-PB060"。ほとんどのスマートフォンに1回前後充電可能な容量(6700mAh)を持ちながら、片手で握れるほどのコンパクトサイズが人気のポイントです。さらに出力も2.4Aで、iPhoneに付属の5W(5V/1A)充電器よりもスピーディーに充電できちゃいます。
毎日持ち運ぶ場合に重要な手軽さを最適な容量とサイズ感で実現した"RP-PB060"は、どなたにもオススメできるロングセラーのモバイルバッテリーです。

■バッテリー+AC充電器!ハイブリッドタイプ
  "RP-PB125"

コンセントに直接接続できるACプラグを搭載したモバイルバッテリー"RP-PB125"。USB充電器としてもモバイルバッテリーとしても使えるハイブリッド仕様でいま大人気!
出力も2.4Aで2ポートの充電口を搭載。一般的な充電器よりもスピーディーに充電可能です。またワイヤレスイヤホンなども充電可能な"イヤホン入力モード"も搭載しています。
普段使いにも、旅行や出張のお供にもオススメです!

■デバイスを何度も充電可能!超大容量タイプ
  "RP-PB058"

"RP-PB058"は26800mAhの大容量バッテリーを搭載!スマートフォンやタブレットなどを複数回充電可能なタフなバッテリーです。USB Power Deliveryにも対応しており、最大30Wの高出力を誇ります。そのためiPhoneやiPadなどにはフルスピードでの充電が可能。さらにはMacBookなどの充電にも対応しています。

スマートフォンであれば複数回充電可能なため、2~3日の旅行やアウトドアであればこの1台で充電はOK。大きめなサイズですが頼れる容量のモバイルバッテリーです!

■MacBookなども充電対応!ハイパワータイプ
  "RP-PB159"

"RP-PB159"はなんと最大45Wの高出力!MacBook ProやNintendo Switchなど大型なデバイスにもスイスイ充電出来てしまうほどの高出力を誇ります。
さらにモバイルバッテリーの容量も20100mAhと大型なバッテリーを搭載しているため、スマートフォンなどには複数回充電可能なタフさも誇っています。

少しでもハイパワーなモデルをお求めな方は"RP-PB159"、少しでも大容量なモデルをお求めの方には"RP-PB058"がおすすめです!

■アウトドアや万一の防災用品にも!コンセント搭載タイプ
  "RP-PB054"

"RP-PB054"は、本体にコンセントを搭載したモバイルバッテリーです。コンセント入力に対応したため、例えばUSBでの充電に対応していないパソコンや一部の家電製品などへの給電が可能になります!
容量も20100mAhと安心の大容量バッテリーを搭載。アウトドアや旅行のお供にも頼もしいアイテムです。

いかがでしたでしょうか?

みなさまもお持ちのデバイスをどのようなシチュエーションでどのくらい充電したいかをご検討の上、自分にあったモバイルバッテリーを選んで、いつでもどこでも快適なガジェットライフを実現しましょう!

RAVPower ブランドについて

私たちRAVPower [ラブパワー]は2011年にアメリカで発足され、モバイルバッテリーやUSB充電器などを中心としたパワーサプライ製品を世界各国で展開をしてきました。
ユーザーにとって快適な充電環境を提供すべく、常に最新のテクノロジーを追求した私たちの革新的な製品は多くのユーザーから支持を獲得し、現在では数千万ユーザーにご愛用いただいております。
私たちはこれからも皆さまにより良い製品を提供すべく、世界トップレベルのテクノロジーを追求してまいります。

最先端テクノロジー

RAVPowerは充電器やバッテリーなど、常に最先端技術を追求してきたテクノロジーブランドです。

グローバルブランド

RAVPowerはアメリカや日本をはじめ、世界中多くの国々で、多くの方にご愛用頂いております。

安心の保証体制

長期メーカー保証はもちろん、万一の際のサポートは日本専門スタッフが対応します。